子宮筋腫の中の一つである「粘膜下筋腫」とはどういう病気なの?


女性特有の病気

子宮は平滑筋という筋層で覆われています。子宮筋腫とは平滑筋の中にできる良性の腫瘍です。

筋腫がどのように育つかで筋腫の種類が決まり、いくつかに分けられます。

そのうちの一つが粘膜下筋腫です。

粘膜下筋腫とはどのような筋腫なのか

子宮筋腫の種類は主に3つに分けられます。

粘膜下筋腫は、平滑筋の筋層内にできた腫瘍が、子宮内部に向かって張り出して成長します。

子宮筋腫の中では発症率は低い方ですが、筋腫がまだ育っていなくても様々な症状が現れます。

子宮内に張り出す事で胎児が宿る内膜部分に弊害が出る為、不妊の原因にもなります。

 

また、根元に茎があり、その先にぶら下がるように成長する「有茎粘膜下筋腫」という状態になる場合があります。

それが子宮の収縮のより押し出されて膣に侵入する事があり、これを「筋腫分娩」と言います。

筋腫分娩の状態の筋腫は、膣からの細菌に侵入に感染しやすくなり、重篤なケースになる場合があります。

粘膜下筋腫が子宮内に張り出す事で胎児が宿る内膜部分に弊害が出る為、不妊の原因にもなります。

 

その他の2つは、「筋層内筋腫」と「漿膜化筋腫」があります。

筋層内筋腫は平滑筋層内にできた腫瘍がその場所に留まって成長し、漿膜下筋腫は粘膜下筋腫とは逆で、子宮の外側に向かって成長します。

 

粘膜下筋腫なるとあらわれる症状

筋層内筋腫や漿膜下筋腫とは違い、粘膜下筋腫はまだ筋腫が1cmにも満たない小さなうちから症状があらわれます。

月経量が多い月経過多、いつまでも月経が終らない過長月経、生理以外でも出血する不正出血等があり、その事が原因で貧血にもなります。

子宮は異物を体外へ押し出す性質があるので、子宮内に張り出してきた粘膜下筋腫を押し出そうとして子宮の収縮が激しくなる事から、生理痛も酷くなります。

 

粘膜下筋腫になる原因はどのようなものか

 

子宮に筋腫ができる詳細なメカニズムははっきりとは解明されていません。

しかし、閉経後には子宮筋腫が小さくなる事から、女性ホルモンのエストロゲンが関与しているのではないか、と言われています。

胎児の時期にすでに筋腫の芽を持ち、月経が始まる事でエストロゲンの影響を受け、筋腫を発症するのではないか、と考えられています。

 

粘膜下筋腫はどのような検査をするのか

①問診で体調や妊娠の有無、最終分娩、最終月経等の聞き取りやアンケートが行われます。

 

②内診を行い、膣や子宮の状態を調べます。

 

③超音波エコー検査で、子宮内を観察します。ここで筋腫は発見され、種類もわかります。

 

④粘膜下筋腫と診断されたら、子宮鏡検査を行います。筋腫の部位や大きさ等を調べます。

 

⑤最終的にはMRI検査を行い、正確な位置や大きさ等を診断します。

 

粘膜下筋腫の治療法は何があるのか

子宮筋腫の治療には薬物療法と手術があります。

 

一般的には筋腫の大きさがこぶし大になると手術が行われますが、粘膜下筋腫は腫瘍が3cm弱の場合でも手術になる事があります。

お腹を切って子宮を切り開ける開腹手術、お腹に小さな穴を開けてそこにカメラを通して筋腫を切除する腹腔鏡手術、膣からカメラを通して筋腫を切除する子宮鏡下手術(経頸管的切除術)があります。

 

しかし、筋腫を切除しても子宮がある限り再発する恐れがあります。根管治療は子宮を全部摘出する手術になります。
薬物治療は、ニセの閉経状態をつくる薬を投薬します。

卵巣が機能し月経がある事で筋腫は成長し続けるので、意図的に閉経状態にし、筋腫の成長を止める治療法です。

ホルモン剤の服用や注射等で、エストロゲンの分泌を抑えます。

しかしその投薬をやめると、卵巣の機能が復活し、また症状が現れ始めます。

根管治療ではないので、長い期間投薬が必要になりますが、筋腫が小さくなっていく効果があります。

 

毎月の生理の際に違和感がないかをチェックしましょう

 

早めの検診を受けましょう粘膜下筋腫は、筋腫が小さいうちから症状が出るうえに、放置すると重症化する恐れがあります。

自分の月経周期や月経量を普段から把握するようにして、不正出血や月経過多、過長月経等の症状が見られた場合は、早めに婦人科を受診し、早期治療に取り組みましょう。


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ