子宮腺筋症の治療法



子宮腺筋症とは、通常ならば子宮内膜に存在しているはずの組織が何らかの理由で子宮の壁(子宮筋層)に入り込み状態。


本来あるべきではない場所で成長してしまうことによって月経時の強烈な痛みや月経過多を引き起こす女性特有の病気です。

子宮腺筋症は、子宮内膜症と同様はっきりとした発症の原因はいまだに解明されていないようですね。

現在の医学において、一般的な治療方法は2つあります

◯1つは手術療法、そしてホルモン剤を使用した薬物治療です

手術療法は、子宮の摘出を行う手術で子宮腺筋症の原因となっている子宮そのものを取り除く療法で、将来的に妊娠を望まない女性に行われる事が多い方法です。

一番確実に症状の改善が見込めますが子宮の一部摘出や全摘出によて妊娠が困難になってしまうデメリットがあるため、妊娠を望んでいる女性にはあまり適していません。

◯次に薬物療法ですが、疑似妊娠状態を作る低用量ピルや疑似閉経状態を作るボンゾ―ルやリュープリンの摂取によって月経を引き起こす女性ホルモンをコントロールし作為的に無月経の状態を作りだす方法。


これによって、一定期間月経が停止するので月経時の激しい痛みや出血を抑える事ができます。

妊娠を望んでいる場合にこホルモン療法を進められる事が多いのですが、一時的な対処方法にしかならず、薬の摂取をやめると元の状態に戻ってしまうため根本的な治療にはならないのです。

そんな中、手術や薬に頼らない方法で子宮腺筋症が改善したという人もいます。

例えば生活習慣の改善や食事療法などです。

中でも、心身ともに負担が少ない食生活の改善によって体内の毒素を輩出してキレイにする食事療法で子宮腺筋症がよくなったという人も増えてきているようですね。

子宮腺筋症-関連記事一覧

子宮腺筋症がよくなる食事療法
子宮腺筋症の治療法
薬物療法は副作用が心配
子宮腺筋症の症状
子宮腺筋症の手術療法


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ