子宮腺筋症とはどういう病気なのか?


子宮線筋症とはどういう病気?

赤ちゃんを迎えるために

 

まず子宮内膜とは何かというと、子宮の上皮組織のことをさします。この子宮内膜は妊娠をしなかった場合は剥がれ落ち、月経となって体外に出されます。

 

「子宮線筋症」とは子宮の筋層(子宮の壁)に子宮内膜が何らかの原因で入り込んでしまい子宮が腫大してしまう病気のことです。医学の進んだ現代でも、未だ原因が突き止められていない病気の一つです。

 

以前は30代後半の出産経験者が子宮線筋症になることが多く見られましたが、今では年齢や出産経験に関わらず20代の女性も増加の傾向にあります。

 

子宮線筋症にかかると、子宮の筋肉が硬くなり着床しづらくなることが考えられます。また、着床しても妊娠が続かない(初期流産)など不妊症になりやすい病気の一つです。生理痛が前よりもひどいと感じる方は、我慢せずに1度産婦人科に見てもらうことをおすすめします。

 

子宮線筋症の症状とは

冷やさないように注意!

子宮線筋症はひどい生理痛や多量の出血、生理が長引く、不正出血などが主な症状です。また初期は痛みを鎮痛剤で抑えられても、病状が進むと薬では痛みを抑えることはできないことも特徴の一つです。

 

子宮線筋症はホルモンの刺激で進行するため、生理を繰り返すうちに子宮が大きくなります。大きくなった子宮が他の内臓を圧迫し腰痛を引き起こしたり、排尿排便時に痛みにつながることもあります。

 

生理痛にを抑える鎮痛剤が効かなくなるほどの痛みになってから病院に行き、症状がかなり進んでいたということもあるので、普段からあまり鎮痛剤に頼らないようにしましょう。生理のたびに薬を飲む習慣がある方は、まずその習慣を見直し、体の悲鳴に敏感になることも病気に早く気付くために大切なことです。

 

生理痛は個人差がありますが、経血を押し出す子宮の収縮による痛みが主な理由です。それ以外に冷えやストレスによりホルモンバランスの乱れなどでひどくなりますが、ひたいから汗が出たり、立っていられないほどの痛みが走ることはまず考えられません。生理痛は我慢せずに病院に行きましょう。

 

 

子宮筋腫と子宮線筋症の違い

 

子宮筋腫と子宮線筋症は初期ではなかなか見分けのつきにくい病気です。子宮筋腫も子宮線筋症もできる場所は子宮内と同じですが、筋腫とは良性の腫瘍のことを指します。筋腫も小さいものから大きなものまであることと、子宮線筋症もコブのような形でできるものもあるので、専門医でも一度では判断しきれないこともあるそうです。

また、子宮線筋症・子宮筋腫・子宮内膜症はいずれも互いに併発しやすい病気であるため、子宮の病気にかかった場合は、しっかり検診を受け体の変化に注意しましょう。

 

 

子宮線筋症の治療法は

 

子宮線筋症がまだ初期の場合、定量のピルを飲むことで子宮内膜の増加を抑えられ、生理痛や大量の出血を一時的に抑えられることはできます。また、体を冷やさないようにしたり、体を疲れさせないこと、ストレスを溜めないことも初期には有効な対処法です。

 

 

子宮線筋症が中期になると、ホルモン剤の投与や、貧血防止のために鉄分を補ったり、鎮痛剤で痛みを抑えるなどの対処が必要になってきます。

 

子宮線筋症がひどくなってしまった場合は、外科手術が必要となり、子宮の一部摘出または全摘となることもあります。

 

 

女性にとって大切な子宮を守るには

女性のために

仕事、家事、育児と、なかなか休みが取れない忙しい現代女性は、生理痛がひどくても産婦人科にまで足を運ぶ方はあまりいないため、病気の早期発見につながりにくい原因の一つです。

 

労働基準法には、正社員、契約社員、パートに関わらず女性労働者には仕事が困難なほど生理がひどい日は、生理休暇を却下してはならないという内容を定めています。また申請は口頭でよく、医師の診断書を提出する法的義務はありません。日数にも制限はなく、半日でも可能です。

 

このように生理による体調不良は法的に守られているにも関わらず、あまり知られていないことも事実です。女性に不利な環境が問題ではありますが、自ら労働基準法を取り上げ休暇を取るのはなかなか勇気のいることですよね。

 

生理痛を軽く思うのではなく、子宮の痛みは女性にとってとても大切な問題です。いつもの生理痛だろうと思わずに、以前より痛みが強くなったと感じる方や、生理期間が長くなったと感じる方は早めに病院へ足を運びましょう。

 


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ