子宮膣部びらんは出血しやすい


子宮膣部びらんは「びらん」と表現されていますが、傷があってただれているのではなく、成熟した膣がそう見えることで命名されています。
実際に更年期を経ても若々しさを保っている女性には、この子宮膣部びらんがある場合も多く、子宮の機能の良さを見せる証だと言う医師もいるほどです。

 
ただし子宮膣部びらんは出血しやすい傾向があり、それで不安になってしまうという女性も少なくはないのは事実なのです。
子宮膣部びらんが起こす出血がごくわずかであり、子宮内の大きな病気によって起こる不正出血よりも少なくなっています。

 
ある更年期を過ぎた女性がバストアップ効果のあるサプリメントを飲んだら、子宮膣部びらんから出血したという話も耳にします。
よく詳しいことはわかりませんが、少なくなっていた女性ホルモンが増えていくと、軽い出血を起こすこともあるようなのが子宮膣部びらんです。


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ