ただの生理痛ではなく、子宮筋腫かもしれません


友達から、「今度子宮筋腫の手術受けるんだ」と聞いて驚きました。

今まで、そんな持病を持っているなんて聞いたことがなかったし、「手術」というとかなり物々しい気がして、詳しく話を聞いてしまいました。

本人も、それまで全く自覚症状がなかったそうです。

ただ、生理痛が重いので嫌な体質だなあと思っていたらしいのですが、たまたま乳がん検診で訪れた婦人科に、「重い生理痛には原因があるかもしれません。気軽にご相談ください」というようなポスターが貼ってあり、体質だからとただ我慢しなくていいのだろうか、と初めて思って相談してみたとのこと。

そのポスターを見なかったら、生理痛が重いくらいで婦人科に相談しようなんて思ってもみなかったそうなのですが、相談して検査してみてびっくり、なんと子宮筋腫が発見されたということでした。

しかも、かなり昔からあったのではと言われるくらい大きくなっていて、驚くことに、16センチはあると言われたとか。彼女はとても小柄で細く、この体のどこに16センチもの異物を抱えているのか、とてもじゃないけど信じられませんでした。

でも本人曰く、「考えてみれば、お腹だけぽっこり出ていて、幼児体型だなあと思っていたの。筋腫のせいだったなら、手術すればぺたんこお腹になれるかもしれないから嬉しいなあ」とのこと。私は彼女のぽっこりお腹には気づいていませんでしたが、ううむ、この中に16センチの異物が…と、まじまじと見ずにはいられませんでした。

手術はお腹を切って開くということで、難しいものではないとは言うものの大変そうです。でも本人は、「取り出した筋腫を見せてもらえるらしいんだ。楽しみ!」なんて言って笑っていました。

無事に手術成功して治ることを祈っています。


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ