妊活で判明した私の子宮筋腫


20代後半で婚活に無事成功し、今度は妊活と子供を待ち望んでいました。

夫婦ともそろって子供を望んでいたのですが、なかなか授からずあっという間に2年がたちました。

30歳を超えて、最初はのんびり構えていた私たちもようやく「不妊」という言葉がよぎるようになりました。

病院に行ったほうがいいんだろうとは思っていましたが、夫婦ともに忙しい仕事についていて、なかなか病院に行けない日々が続いていました。

私は、もともと生理痛がかなりひどいほうです。

生理前から、腹痛や頭痛、吐き気に襲われ、寝込むこともあります。

ひどい時には、腹痛で一歩も歩けなくなります。

そのような経緯もあり、なんとなく自分に子供ができない原因があるのではないかと思っていました。

ようやく休みが取れた日に、不妊症の相談もできる婦人科に行きました。

問診のあとすぐに診察があり、先生から告げられたのは、「子宮筋腫」という病名でした。

かなり大きな筋腫がいくつか子宮内にあったそうです。

一応子宮がんの検査もしてもらいました。

やはり、私の場合この大きな筋腫が妊娠の邪魔をしている可能性が高いとのことでした。

先生にも今までよく我慢したと驚かれるほどでした。

今度、この筋腫をとる手術をします。

これまでの生理痛の痛みと、妊娠できるのではないかという期待でいっぱいです。


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ