子宮腺筋症の超音波検査について


子宮腺筋症の症状について必ず行われることになる診断が、経膣超音波検査です。

この際には、プロープと呼ばれる超音波を発生させる器具を幹部の周辺に当てて診断を行います。

婦人科では、膣からプロープを挿入する経膣法と、プロープを腹部に当てる経腹法の2種類の診断方法があります。

経膣法のメリットとして、子宮や卵巣の状態がよくわかるということがあげられます。

経腹法が使われるのは、性行為の体験がない人や、経膣法では痛みがひどくて診察ができない患者さんに用いられます。経膣法と比べると精度が落ちますが、症状を起こしているのが大きい部位の時には経腹法のほうが確認しやすいこともあります。

医院によっては、ソノヒステログラフィと呼ばれる超音波検査を行うことがあります。これは子宮膣の中に生理食塩水を入れて膨らませ、その様子を捉えるといった手法です。

生理食塩水が外に漏れることがないように、子宮の入り口に膨らませたバルーンを挿入して栓をして行います。
手間と時間がかかるのですが、それにひきかえとして、通常の超音波検査よりも子宮の中の観察が簡単にできるようになるうえ、一部の病体については確定診断が楽になることから、経膣法のあとに合わせてソノヒステログラフィを実施することもあります。


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ