子宮腺筋症や月経痛の治療薬


月経中に、日常生活に支障をきたすほどの強い症状がある場合を月経困難症と呼びます。そして、子宮腺筋症や子宮内膜症などの病気が原因となって起こっているものを器質性月経困難症と呼んでいます。
月経痛があるとしても、正常な月経痛は鎮痛剤を飲むほどの痛みではありません。もし、鎮痛剤を毎回飲まなくてはならないほどの痛みを感じているというのであれば、何か原因となっている病気があることを疑ってみた方がいいでしょう。そのことによって子宮腺筋症が早期に発見できる可能性もあります。
月経困難症を有する女性は、子宮腺筋症や子宮内膜症を発症する将来のリスクが通常の2.6倍といわれています。ここで有効に働いてくれるのが、子宮腺筋症の治療薬としても使われるEP配合製剤です。このEP配合製剤を月経痛の強い機能性月経困難症の人が早い段階で使うと、病気の発症を抑えることができると考えられています。
このEP配合製剤は、長期にわたって服用したとしても悪い副作用はほとんどなく、ホルモンのバランスを保つ薬ですので、子宮腺筋症の予防や治療だけではなく、ニキビ治療や多毛の改善などにも用いられることがあります。月経のたびに辛い症状がある場合には、使用してみるといいでしょう。


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ