辛かった生理痛が食生活で改善できました


生理痛が重くて、毎月生理がくると1週間も痛みに耐えて体も心もボロボロになってしまいます。

下腹部がギリギリと抓られているような痛みが何時間も、何日も続くのです。

頭や腰が重く、歩く度に腰の中部からお尻にかけて、痛みがあります。

お腹も下しやすく、トイレも近くなってしまうのです。

妊娠

 

だから生理がくると本当に憂鬱で、眠れない程の痛みに寝ていても起きてしまう事があるのです。

イライラして情緒不安定になってしまったりと、満身創痍です。

 

生理痛の原因

ピルを飲めばホルモンバランスも安定して生理痛が軽減されるようです。

でもなるべく薬は飲みたくなくて、他にホルモンバランスを安定させられるような食材はないかと探していました。

 

そうすると、どうやら生姜湯で体を温める、ハーブティーやルイボスティー、豆乳を飲む事がいいと知りました。

私は冷え性なので早速生姜湯を飲んだり、ハーブティーを飲むようにしたのです。

食事も糖分を摂りすぎると子宮が伸縮して痛みが強くなるらしいので、チョコやケーキ、アイス等は食べなくなりました。

 

生理痛を改善する食事

油っこい物も避けて、湯豆腐や鍋等、体が温まってさっぱりした味付けの物を食べるようにしたのです。

そして生理2週間前からは毎日豆乳を飲むようにしました。

和食

 

そうして過ごした月の生理は、何と今までより痛みが減っていました。

起き上がれない、動けない程の痛みだったのに、歩いていても仕事中でも寝ていても、痛みで呻く事はなくなったのです。

牛乳ではお腹を壊すので、調整豆乳を電子レンジでチンして温めて、蜂蜜を入れて飲んでいます。

 

生理痛が気にならなくなると、自然と精神的にも楽になりました。

生理があるからその1週間前になると本当に憂鬱で仕方なかったのです。

生理期間は私の場合1週間もだらだらと続くので、毎日「早く終わってほしい」と願っていました。

どうしてこんなに痛いんだろうと悩んでいて、でも婦人科へ行っても特に問題は見当たりませんでした。

 

こうして生理痛がなくなった事がとても嬉しいです。

食生活で幾らでも解決できるんだと感じました。


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ