子宮腺筋症の手術療法



手術療法は、言葉通り手術で痛みなどの原因となっている腫瘍や病変を取り除いてしまう事(根治手術)で痛みや出血を改善する事ができます。


mesu

また、病気の種類や症状、将来的な妊娠の有無によって1部摘出か全部摘出かを判断して手術が行われる事になります。

子宮腺筋症の場合、病変が子宮の全体に散らばっている事が多く子宮内膜症や子宮筋腫のように発症部分を特定しにくいので全摘出してしまう事が多いようですね。
126672

手術療法は、痛みの原因となっている腫瘍や病変を直接取り除くので、一番確実に症状の改善が期待でき再発の可能性が最も低い治療方法とされているのですが、やはりデメリットは、子宮を摘出してしまうので今後の妊娠ができなくなってしまうことです。

しかし、最近では子宮の全摘出に抵抗を感じている患者や妊娠を希望する患者を対象とした新しい子宮腺筋症手術である《子宮腺筋症核出術》という手術療法も行われるようになってきています。

この手術は、病変のある部分だけを取り除き子宮を温存するという手術方法です。


手術時間が長時間かかる事も多く難易度の高い手術のため、手術を行っている病院はまだ限られているようですが成功すれば子宮腺筋症の症状が改善され妊娠も可能です。

ですが大きなデメリットは、やはり病変の取り残しによる再発の可能性があるという事。


難しい手術なので、手術の成功は執刀医の腕や経験に左右される所も大きく、実績があり信頼のできる病院選びや先生選びが大切です。

子宮腺筋症-関連記事一覧

子宮腺筋症がよくなる食事療法
子宮腺筋症の治療法
薬物療法は副作用が心配
子宮腺筋症の症状
子宮腺筋症の手術療法


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ