もう痛くない!生理痛に悩まされない身体の作り方


毎月の悩みである生理痛。本来ないのが普通だということを知っていましたか?実は、生理痛はその人の体調によってあるかないか、もしくは重いか軽いかが決まります

 

生理痛の原因としては、一般的に血行不良とホルモンバランスの乱れが挙げられます。血行不良は、身体の冷やしすぎによって引き起こされます。冷たいものを飲みすぎたり、クーラーの下に長時間いたりすると身体は冷えてしまいます長時間同じ姿勢で座りっぱなしでいるのも血行が滞るのでよくありません。

 

また、血行不良はたばこによっても引き起こされます。たばこに含まれるニコチンには血管収縮作用があり、それによって血圧が低下します。結果、身体の冷えが生じるのです。また、少量とはいえ発生する一酸化炭素にも低血圧を引き起こす作用があります

 

次にホルモンバランスの乱れは、疲労、睡眠不足や栄養の偏り、ストレスによって引き起こされます。こうやって見てみると、生理痛は一般的な生活習慣の乱れによって引き起こされることがわかりますね

 

生理痛を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。ひとつひとつ見ていきましょう。

 

まずひとつめの方法は、身体を温めることです。厚着をして外側から温めるのもいいですが、代謝を上げて内側から体温を上げてやるのが一番オススメです。例えば、軽く走るなどの有酸素運動を生活に取り入れると良いでしょう

 

また、お風呂は湯船でしっかり温まって、上がった後はぬるい水を飲んでストレッチするのが良いです体温が上がると生理痛だけではなくお肌の悩みやダイエットにも効果があります。ですから無理な食事制限を伴うダイエットはやめましょう。栄養の偏りやストレスで生理痛を増す原因となります。

 

また、たばこは血行を悪くしてしまいます。できることならやめてしまうのが一番いいのですが、どうしてもやめられないという人は本数を減らす努力をしてください

 

ふたつめの方法は、ホルモンバランスの乱れを解消することです。ホルモンバランスは前述のとおり生活習慣の乱れが原因。夜遅くにおやつを食べたり、夜更かしをしたりするのはやめるのが一番です

 

ストレスは溜めこまずに、嫌なことは出来るだけ忘れましょう。忙しくてもたまには趣味に没頭したりスポーツをしたりして、自分の心を休ませてあげましょう。

 

意外にも当たり前のことを守るだけで生理痛の苦しみから解放されることができます。以上のことは生理痛を防ぐだけではなく、美容を守り健康な体を作るためにも大切なことばかり。毎月の痛みとサヨナラしながらキレイになれて一石二鳥です。当たり前のこととはいえ出来ていない人が多いですが、難しくはないはずです。ぜひ試してみてはいかがでしょうか


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ