月経困難症の原因はプロスタグランジン?それとも他の病気?


 

月経困難症とは、月経時の痛みや様々な症状が、日常生活に支障をきたす程強く現れる状態の事をいいます。

月経困難症には「機能性月経困難症」と「器質性月経困難症」があります。

 

機能性月経困難症はプロスタグランジンが原因?

お腹が痛い

月経困難症は、「プロスタグランジン」が過剰に分泌されるのが原因だと言われています。

プロスタグランジンという物質は平滑筋を収縮させる働きがあり、子宮の壁は平滑筋という筋層で出来ている事から、プロスタグランジンの過剰分泌は子宮の収縮を激しくさせます。

 

また、子宮口が小さい人は、経血を押し出すためにプロスタグランジンが必要以上に分泌されるので月経痛が酷くなる事もあります。

これらが原因で強い月経痛が起こる事を「機能性月経困難症」と言い、子宮や卵巣に疾患は見られません。

 

器質性月経困難症は子宮や卵巣の病気が原因

子宮を覆っている平滑筋に腫瘍ができる「子宮筋腫」子宮内以外に内膜ができる「子宮内膜症」子宮内膜が平滑筋内に侵入して増殖する「子宮腺筋症」等の疾患があると、月経痛は激しくなります。

子宮内にある異物(筋腫)や厚くなった内膜をを押し出そうとし、子宮は激しく収縮します。

それにより強い月経痛を引き起こす事を「器質性月経困難症」と言います。

 

様々な症状を引き起こす月経困難症

腹痛…お腹がひきつる、よじれるような激しい痛みがあらわれます。

発熱…熱っぽいだるさがあらわれます。

嘔吐…プロスタグランジンが胃にも影響を与えて嘔吐しやすくなります。

頭痛…エストロゲンの急激な変動で頭痛が起きます。

下痢…プロスタグランジンの影響で腸が収縮し、便が緩くなります。

腰痛…プロスタグランジンの影響や、生理前の開いた骨盤が戻る事が原因で腰痛があらわれます。
器質性月経困難症の場合は、更に、排便痛や膣の痛み、38度以上の発熱等があらわれます。

 

月経困難症の自分でできる対処法

月経が始まる前から鎮痛剤を服用する方法があります。

酷い痛みが始まってからでは、鎮痛剤の効き目があまり感じられなくなります。

月経予定日の2~3日前から服用する事で、酷い月経痛を緩和できると言われています。

 

月経痛に効く血の巡りを良くする漢方もあり、自分に合う漢方に巡りあえるとかなり効果を感じるケースがあります。

そして、血行を良くするために、体を温めるようにします。

お腹あるいは背中や腰にカイロを貼って温める・足首やふくらはぎを冷やさない・足湯や半身浴を行う等で、血行を良くします。

また、月経中は経血が排出される事で体力を消耗します。なるべく安静にして体を休ませてあげましょう。

 

病院で行われる月経困難症の治療

 

まずは婦人科を受診しましょう。

検査方法…問診・内診・血液検査・エコー検査等で子宮の状態を確認します。
何か異常がある場合は、大抵ここまでの検査で判明します。

更に詳しく診断するには、MRIやCT検査が行われます。
治療方法…主にホルモン治療が行われます。ピル等のホルモン剤の服用やパッチを貼る治療法です。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌を調整し偽物の軽い生理を起こさせることで、子宮の負担を軽くします。

これには副作用が出る事があり、吐き気、食欲不振、むくみ、頭痛等の症状があらわれます。
器質性月経困難症の場合は、症状や程度が酷いと手術が行われます。

開腹手術、腹腔鏡手術、子宮鏡下手術があり、その時の病変の大きさや程度によって医師が手術方法を選択します。

ホルモンを分泌する卵巣が全摘された場合等は、ホルモンの量を調整するためにホルモン治療が行われます。

 

毎日の食事や習慣で月経困難症を改善させましょう

青魚に含まれるDHA

青魚に含まれているDHAやEPAはプロスタグランジンの分泌を抑制させる働きがあります。

普段の食事に取り入れるように心がけてください。

また、血行が悪いと子宮の収縮作用が低下してしまい、そのせいで子宮の収縮を促すプロスタグランジンの分泌が増えてしまいます。

日頃から適度な運動や半身浴で結構を促進し、体を冷やさないようにしましょう。
月経困難症の症状がひどい場合は、一人で我慢せずに、医療機関を受診して適切な処置を行ってもらいましょう。

婦人科系の疾患は、お産を基本としている産婦人科より、婦人科系疾患を専門に診てくれるレディースクリニックを受診した方が正確な診断をしてもらえます。

産婦人科でも、婦人科系疾患に詳しい医師が担当してくれるのなら安心できますが、そうでない場合は見落とされる場合が少なくありません。

そして、検査結果が異常なしと診断されても、納得できない場合や不安な時は、別の病院を受診する事も大切です。

最低でも2箇所の病院で検査を受ければ、それが同じ診断結果であれば納得できます。


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ