生理痛が女性を鍛えるってホント!


情緒不安定になったり仕事などが手につかなくなるほど体調が悪くなったりと、生理痛にはネガティブなイメージがつきまといます

 

生理痛を和らげたりする商品を開発している企業は必死にコマーシャルで明るい雰囲気を醸し出そうとしますが、効果効能を伝えるシーンになると女性が苦しんでいる描写が少なからず確認できます。

 

厄介者扱いされている生理痛は、女性の強さの源ではないかと考えられます。とりわけ精神力の強靭さは、生理痛があるからこそだと言っても過言ではありません

 

人は生きてきた中で最も苦しかったときのことを忘れにくく、なおかつ新たな困難に直面したときの比較対象にする傾向があります。

 

女性にとって生理痛は苦しいものですから、日常生活で起こる理不尽なことなどと比較することによって実際は悩むまでもない結論に達するというわけです

 

生理痛という女性に特有のことを乗り越えているので、精神的に強くなりやすいのです。

 

病院で手術を受ける直前の患者を観察すると、女性のほうが平静さを保つことができているように感じます。これもまた、生理痛が深く関係していると考えられます。

 

一定周期で痛みに耐えていますから、手術のように大なり小なり痛覚を刺激する行為を目前にしても臆することなく構えていられるというわけです。一方の男性は、手術となればソワソワするなど落ち着きがなくなる傾向があります

 

生理痛を経験していないために、痛みに関して免疫ができていないからです。

 

大きな問題が起こったときに落ち着いていられる点に関しても、女性側に軍配が上がります。生理痛の特徴的な症状の一つには、苛立ちなどの精神定期な影響があります

 

生理痛が起こる度に不機嫌になる原因になりますが、女性は年齢を重ねる度に気持ちの制御が巧みになります。人間は慣れが生じることによって効率性が高まりがちなので、生理痛による気持ちが安定しない症状で心が鍛えられているというわけです


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ