生理痛は出産で変わるのでしょうか?


生理痛は出産を機に変わるという話を聞いたことがあり、実際はどうなのだろうかと思っています。

 

自分の体験談からすると、出産で生理痛は変わりませんでした出産前の生理痛はほとんど痛みがありませんでしたが、出産後も同じです。出産すると生理痛が軽くなるという話は多いようなのですが、もともと痛みがないので関係ないようです。

 

逆に出産すると痛みが強くなってしまう場合もあるそうです。出産でがんばったのに、痛みが増えるなんてちょっとひどい話だなと思ってしまいます

 

妊娠や出産、授乳などで女性のホルモンバランスは変化します。

 

ですから生理痛についても変化があっておかしくはないのでしょうか

 

ただ、産婦人科でも医学的にそのような話を聞かされたことはなく、出産経験のある諸先輩方からそういった生理痛の話を聞くことが多かったです。やはり個人差が大きいということなのでしょうか。

 

そもそも生理痛自体が個人差がかなりあります。自分のようにほとんど痛みがなく日常生活に何も支障がないタイプの人もいれば、日常に支障を来たすくらい痛みがひどいタイプの人もいます

 

中には薬を飲まなければ動けないというくらいの人の話も聞いたことがあります。整理はだいたい月に一度のペースで来ますが、そのたびに猛烈な痛みがあると想像すると、ものすごく憂鬱になることは間違いないです。

 

しかも個人差があるせいで、生理痛の痛みは男性だけでなく、同じ女性でも理解できないことがあるので、生理痛が重い人は相当苦労していると思います。

 

もし出産で思い生理痛から解放されたならば、それは本当にラッキーだと言えるのかもしれません

 

今まで長いこと生理痛とがんばって付き合ってきたことが報われた気分でしょう。

 

出産をしても生理痛の痛みに変化がなかった自分としては、想像することしかできませんが、出産を機に変わる人がいるのなら、すべての出産経験者の生理痛が軽くなればいいのになと思っています


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ