自分なりの緩和方法を見つけて乗り切る生理痛


女性にとって大切なこととはわかっていても鬱陶しいのが生理です

特に生理痛が激しいと女性であることが恨めしく感じてしまうことさえあります。

 

ひと口に生理痛と言っても、腹痛、腰痛、頭痛など痛くなる場所、痛みの程度は様々です。

さらに痛みだけでなく吐き気や下痢を伴ったりすることがあります

 

妊娠に備えていた子宮内膜が不要になり、それを経血として子宮口から排出するのが生理です。

 

そして、スムースに排出するために子宮を収縮させるプロスタグランジンが痛みを引き起こします。

さらにストレスや冷え、疲労による自律神経やホルモンバランスの乱れも血流を悪くするので症状を重くしがちです

 

痛みの程度が軽い場合は、文字通り生理的なことと大らかに捉え、何もせずに済ませることができます。

ところが中程度以上となると普通の生活ができなくなるので対処が必要です

特に女性の社会進出が進んだ現在、制度として認められていたとしても毎月生理痛で休暇を取得できる人は稀です。

 

生理痛の緩和で真っ先に思い浮かぶのは鎮痛剤で、多くの種類が市販されています。

 

手軽に、比較的安価で服用することができますが、成分によって合う合わないがあるので効果を感じない場合や副作用が心配な場合は薬剤師と相談します。

 

服用するタイミングも大切で、毎月の痛みのパターンはわかっていますから、ひどくなる前に開始することが楽に乗り切るコツです

もちろん、薬は用法、用量を守ります。

 

冷えを防ぐには衣類だけなくカイロや火を使わないお灸も有効です。

 

また、体質改善を目的とした漢方薬やツボの指圧が効果を上げることもあります

 

ほとんどの場合は生理直前から直後にかけての2、3日の不快は病的なことではありませんが、子宮内膜症などの病気が隠れていることもあります。

 

経血量や痛みの度合いは個人差が大きい上に他人との比較も難しいものです。

 

未婚者にとっては敷居が高く感じることもあるかもしれませんが、いくつかの対処をしても改善されないときは医師に診断してもらいましょう

 

一人一人の顔が違うように対処法もそれぞれです。

いくつかの方法を模索し、自分なりの緩和方法を見つかれば上手に乗り切ることができます。


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ