重い生理痛?原因は卵巣嚢腫でした


若い頃から気付けば生理痛が重く2日目3日目は学校やバイトを休むことが多く市販の鎮痛剤も効きが悪くなっていました

 

ある友人が手術のために入院したという話を聞きそこで初めて子宮筋腫というものを知りました友人も生理痛が重く仕事を休みがちになってしまったため婦人科で診察を受けて分かったそうです

 

その話を聞いても自分には縁のないことだと勝手に思っていました

 

もともとお腹が弱く生理が来ていない時でも弱い腹痛があったりするのでその日もあまり気にしていなかったのですが仕事中ずっとちくちくお腹が痛く家に帰って食事をしていると急な激痛で立っていられない程になりました

 

這うようにしてベッドに横になったのですが痛みで眠ることも出来ず痛みで吐いてしまいましたちょうど痛みが右下腹部だったことと父が盲腸で手術をした経験があったことから位置が似ているまた下腹部を押した時より押し返す時の戻り痛の方が強いことから盲腸を疑い救急車を呼んでもらいました

 

救急搬送された先で腹部エコーをとった結果盲腸はきれいな状態で内科医は首をかしげるばかりもしやと婦人科の先生に交代したところで卵巣嚢腫がみつかりました痛みは卵巣嚢腫が割れて中身が出たことによる激痛だったそうです

 

手術が必要だと言われたのですが仕事もあったため痛み止めをもらい一度帰宅会社と相談して手術の日程を決めました

 

卵巣嚢腫の切除は臍と両骨盤の上部に1cmほどの穴を開けそこから腹腔鏡を入れて手術を行う予定でしたが前検査で救急搬送から手術まで2週間の間に嚢腫がさらに大きくなり1cmの穴からは取り出せないサイズになっていたそうで手術前日に腹腔鏡は変わりませんが下腹部に横一文字に5cm程切開することになりました手術は何の問題もなく終了し手術から5日後に退院1週間後に職場復帰をしました

 

手術をしてからは生理痛が嘘のように消えました若干重い感じはありますが以前に比べればとても楽です現在では卵巣嚢腫の再発防止のために低用量ピルを服用して年に1~2回再発していないか検査も行っています

 

以外にも子宮筋腫や卵巣嚢腫を持っていた友人たちはみな鎮痛剤が効かないくらいの重い生理痛に煩わされていたので最近では重い生理痛に悩まされている人には婦人科の通院を勧めています


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ