薬物療法は副作用が心配



子宮内膜症や子宮腺筋症には薬物を使用した療法(ホルモン療法)が一般的です。


kusuri

原因となっている1部分や全部の子宮を摘出してしまう手術療法と違って、子宮や卵巣を温存したまま治療ができるので、将来的な妊娠を望んでいる人はホルモン療法を進められる事になります。

ホルモン療法とは簡単に言うと、子宮内膜症や子宮腺筋症が悪化する原因となる《月経》をホルモン剤の投与によってSTOPさせてしまう治療方法ですね。

治療には、偽妊娠薬である低用量&中用量ピルや偽閉経薬であるリューブリンやスプレキュアなどが一般的にはよくつかわれるのですが、この方法は強い副作用を感じる事も多く、子宮腺筋症に対しては効果はただ一時的に痛みや出血を抑えるだけの対処療法でしかないんですよね・・・。

それに副作用についても、偽閉経状態になっている間に現れる偽更年期は思いのほか辛そうです。

主な副作用

ホットフラッシュ(ほてり)頭痛や酷いむくみ、イライラや不正出血などたくさんの副作用を体験されている人達が大勢いて中には日常生活もままならない・・・なんて人も。

そういった話をいくつも見たり聞いたりして行く中で、正直ホルモン治療に対して不安感が恐怖感を持つ人は多いのではないでしょうか。

上記のように、子宮腺筋症のホルモン治療は一定の効果も期待できますが副作用のリスクも兼ねそろえている治療方法といえるでしょう。

しかしそんな中、身体に負担のかからない治療方法も存在します。
例えば、漢方薬による治療。血液をキレイにしたり血液のめぐりを良くする漢方などが使用されます。
kekkan_sarasara
そして、食生活の改善による食事療法。
“食生活で子宮腺筋症が治るなんて信じられない!!”なんて人も多いと思いますが、身体や精神的な負担がほとんど無いこの方法で症状が劇的に良くなった人の体験談などを沢山見つける事ができました。

このようにホルモン治療に抵抗がある人はまず、身体や精神的に負担の少ない方法を試してみるのも良いのではないでしょうか。

子宮腺筋症-関連記事一覧

子宮腺筋症がよくなる食事療法
子宮腺筋症の治療法
薬物療法は副作用が心配
子宮腺筋症の症状
子宮腺筋症の手術療法


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ