子宮腺筋症がよくなる食事療法



子宮腺筋症には、ホルモン療法や手術療法での治療が一般的ですが、どちらの治療方法も心身ともに大きな負担がかかります。


そのため、治療に対して後ろ向きになってしまっている女性も多いのではないでしょうか?

まず食生活を見直してみましょう


wasyoku2

子宮腺筋症や子宮内膜症など子宮と血液の病気と毎日の食事はあまり関係ないように思えるのですが、実は深い関係があるのです。

例えば、食生活が乱れてしまって血液のめぐりが悪くなったりドロドロ血液が増えてしまうと子宮内膜症や子宮腺筋症は悪化。またホルモンバランスの崩れが引き起こす月経不順や月経異常にも食事療法は効果があります。

しかし、ある決まりやマニュアルを守って食生活の改善が行われると、自然と生活習慣の改善にも繋がり、だんだんと体内の毒素が排出されてホルモンバランスも正常に整えられます。すると、血液がキレイになり血液のめぐりがよくなり子宮腺筋症が改善する事があるのです。

kekkan_sarasara

例えば、大豆にはイソフラボンという女性ホルモンに似た成分が含有されてるので積極的に取り入れる事でホルモンバランスを整えてくれます。また、イチジクにも植物性エストロゲンが多く含まれています。

そして、砂糖は痛みを誘発する(発痛物質)とされているのでなるべく控えるように心がけましょう。

他にも、毎日の主食である白米を玄米に替える。
玄米は栄養価に優れていて、ミネラルも豊富!しかもデトックス作用も期待できます。飲み物は、なるべく温かいものを選び、身体を冷やす飲み物やコーヒーなどカフェインの取り過ぎは辞めます。

食事には身体を温める作用がある根菜類を取り入れ、トマトやキュウリなど身体を冷やす野菜は食べすぎない。など、まだまだ沢山ありますがどれも簡単に実践できてしかも、健康になれる事ばかりです。

食事療法は、簡単に実践できるだけではなく心身ともに負担がほとんど無い事もポイントですよね。

私が手術を選択しなかった理由

onaka1

「怖かったから」というのもありますが、「カラダにメスをいれたくない」と考えたこと、何もわからないまま手術するのは嫌だ、子宮腺筋症のことをもっと知って、自分でもできるだけのことをしてから決めたいと思ったことが主な理由です。

子宮腺筋症-関連記事一覧

子宮腺筋症がよくなる食事療法
子宮腺筋症の治療法
薬物療法は副作用が心配
子宮腺筋症の症状
子宮腺筋症の手術療法


私が自宅で実践した方法です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ